Windowsで使えるショートカットキー

こんにちは。すのうです。

今回は、
「Windowsで使えるショートカットキー」
と言うテーマです。

世界で一番普及しているOSと言っても過言ではないWindows、と思っていましたが、
世界で一番普及しているOSはWindowsではないそうです。

Webデザイナーの村上智子さん(とても綺麗な方です)と言う方のブログに書いてあったのですが、
世界で一番普及しているのは『トロン』と言う、日本生まれのOSだそうです。
参照元:http://blog.mudora.jp/?p=149

安定性、セキュリティ性に優れており、絶対に稼働させ続けたいもの、
今、皆さんの手元にあるであろう「携帯電話」に使われています。

そもそもOSの定義と言うのはとても曖昧なものですので、
コンピューターを動かし管理するシステムであれば、何でもOSと呼んで良いのだと思います。

パソコンを立ち上げたら、真っ黒な画面が出てきて、
コマンドを入力したら実行される、と言ったものもOSと呼べます。

…話が脱線してしまいました。
やっと本題です。

Windowsで使えるショートカットキーですが、
僕が普段使用していて、実際に「こいつ…動くぞ…!」と思ったものを紹介します。

<基本編>
コピー(複製) Ctrl + C
ペースト(貼り付け) Ctrl + V
カット(切り取り) Ctrl + X

これらはセットで覚えてください。
某有名なサイトでもよく「コピペ乙」とか言われて使われている、アレです。

もう1つセットで覚えて頂きたいものがあります。
全選択 Ctrl + A

たとえば、「このサイトの文章全部コピーしたいけど、ドラッグして範囲指定するの面倒だな…」と思った

時に、

Ctrl + Aで全範囲指定ィィィイイィィイィィィイイ!!!
Ctrl + Cでコピイィィィイイイイ!または、Ctrl + Xで切り取りイィィィイイイイイイイ!!!
Ctrl + Vで貼り付けェエェェェェェェェエエイィィィイイイイイィィィイイイヒィィィィイイイイイイイ!!!

とやれば、楽です。
文章だけでなく、フォルダやファイル、あらゆるものに対して、
これらのショートカットキーは(大体)使えます。

そして、膨大な文章の中から、ある特定のキーワードを検索する場合、
検索 Ctrl + F
を使います。

試しにこのサイト内で検索してみてはいかがでしょうか?
僕も検索してみました。
koibito1

見つかりません。

大文字と小文字を区別してみました。
koibito2
koibito1

そういう問題ではないようです。

このようにやり直したい過去がある場合、
元に戻す Ctrl + Z
で、過去に戻れます。

Ctrl_Z
Ctrl_Z_2

なんてこった!ここまで書いたのに全部消しちまったよ!

でも、大丈夫。
そんな時こそCtrl + Z
だろ?

Ctrl_Z_3

子供A「わあー!戻ったー!」
子供B「ほう…」
村人C「知っていましたけど何か?」

まさに天然ドジッ娘さんのための機能だと言えます。

さらに、やり直した過去を、さらにやり直すショートカットキーもあります。
元に戻すをやり直す Ctrl + Y

いずれにせよ、人は過去には戻れません。
気を付けてください。

何かを保存する場合は、
保存 Ctrl + S
を使います。

何かを終了させたい場合は、
あの日の俺にバイバイ(仮名) Alt + F4
を使います。

あの日の俺にバイバイ(仮名)は色んな場面で使えるのでオススメです。
リモート先のPCをシャットダウンさせる時なんかは、これを使っています。
嫌なことがあった時は心の中でこのショートカットキーを唱えています。

<ブラウザ編>
Google ChromeとかInternet Explorerとか、Safariやらfirefox等のことを、
Webブラウザと呼びます。

ブラウザでよく使うショートカットキーについて。

現在のタブを閉じる Ctrl + W
新しいタブを開く Ctrl + T

これ、よく使います。
ほとんどのブラウザでこれらのショートカットキーは共通して使えるので便利です。

画面の表示については、以下のコマンドが使えます。

画面の拡大 Ctrl + “+”
画面の縮小 Ctrl + “-”
表示倍率100% Ctrl + 0(数字のゼロ)

サイトをお気に入り登録するには、
Ctrl + B
を使います。

このショートカットキー、Word等の文書ソフトだとまた動きが変わります。

Webサイトでは、
Ctrl + BookMark(お気に入り)
の意味ですが、

文書ソフトでは、
Ctrl + Bold(太字の意、柔軟剤入り洗剤の方ではない)
になります。

<逸脱編>

すべてを最小化 Windows + D

シチュエーション的には、
・急にお母さんが部屋に入って来た時
・授業中、前触れもなく急に先生がパソコンの画面を見ようとしてきた時
・直前までいかがわしいサイトを閲覧しており、パソコンを起動したままにも関わらず、初めて異性を部

屋に連れ込んだ時
等に使えます。

僕はいかがわしいサイトを見ている時、2番目の状況で使いました。

最後に、「これ、いつ使うんだろう」と言うショートカットキーを紹介します。
画面向きを変更 Ctrl + Alt + 矢印方向キー

物は試しです。やってみてください。
きっと誰かのパソコンでやりたくなるでしょう。

いかがでしたでしょうか。
数あるショートカットキーの中から、普段僕が使うものを抜粋しました。
人によっては、独自にカスタマイズするような方もいらっしゃると思います。

以上、「Windowsで使えるショートカットキー」でした。

パソコンは簡単に楽しく出来るようになることが大切!

コメントを残す